フォト

★カレンダー★

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールフォーム

手術

術後初めての…お散歩は♪

11月16日(月)

亜生ちんの退院に、たくさんのお祝いのコメントいただき

とっても嬉しく、どんどん喜びも増してきています…

本当に、ありがとうございますnotes

お返事も少しずつ返していきますので、待っててねぇ~sweat01

Dscf4495jpg_1 昨日は、それぞれのひざの上で眠ってくれた後…

ようやくお気に入りの座布団へと移動して、

手術したのがウソのように、全く以前と変わりなく爆睡してましたsleepyDscf4496jpg_1 Dscf4497jpg_1

そんなごく当たり前の光景が、とっても嬉しく感じられ…

寝姿を激写して楽しませてもらいましたheart04

Dscf4498jpg_1

さて、さて本日は…亜生の寝たいだけ寝かせておこうと

お散歩も食事もせず…マッタリしていたら

ピンポ~~~ン♪

宅急便で届いたのはスティッチの柔らか~い毛布とDscf4500jpg_1

亜生ちんへの素敵なプレゼントです

今回の手術に際しての御守と健康グッズ♪

送り主は、そう、ヘコマッチョの生みの親…

shineうずらまめ子さんshine

お心遣いどうもありがとうございます…喜んで頂戴いたしますconfident

Dscf4501jpg_1 そして亜生ちん…本格的なお散歩へGO♪です

と言っても、軽めだからねっfoot

Dscf4502jpg_1 10時半過ぎてたけれど、とても寒かったので

小さくて着れずにいた、昔、友達からもらったセーターを着せてみました

あらまっ♪ピッタリじゃんか~notesDscf4503jpg_1 Dscf4504jpg_1

この後、急に走り出し苦手な階段もピョンピョン駆け上がり

退院後初めてのオタカラポ~~~ッズhappy02Dscf4505jpg_1

そして…固まってるのかと思ったら、なんとシッコ中だった亜生ちんsweat01Dscf4506jpg_1

スッキリしたところで、疲れちゃいけないと、カートに乗せて歩くことにしました

 

Dscf4508jpg_1Dscf4509jpg_1畑を回って広い道路に出て、そのあと住宅地の中を進んでみました

畑にいたおばさんや、顔見知りの人たちに『どうしたの?』って声かけられ

亜生ちんの手術が無事終ったことを報告happy01

みんながよかったねってヨシヨシしてくれるので

何だか分からないけど、嬉しそうにしてた亜生ちん…

最後にマメ先輩のおじさんにも会って、報告したら

やっぱりマメちゃんは吐いたものの中から毒物が

検出されたそうで、でも『あいつは草とか落ちてる柿とか

バクバク食べちゃってたからsweat01』って、泣きそうな顔で

処置したけど体が耐えられなかったことを

教えてくれました

『亜生ちゃんは、よかったね…おじさんちにいたら

クチャクチャにされちゃってるかもだよ』

『マメちゃんみたいにスゴイ元気に走ってる子だったかもだよ~』

マメちゃん、亜生くん無事に退院できたからね♪

ありがとねheart02

お昼からは私のリハビリ…

土曜日亜生がゲージから飛び出ないように必死で押さえてたから

左腕は筋肉痛…でもね、多分そのおかげで『腕がよく動いてるよ♪』って褒められました

先生も『亜生ちゃんのゲージのスペースを

作ってリハビリするか~?』って筋トレ効果を

認めてくれましたよ~happy01Dscf4510jpg_1

夕方のお散歩はうっきーさんに作ってもらったお洋服を着てレッツラゴー♪です

 

Dscf3888jpg_1Dscf4511jpg_1(左側)10月14日   (右側)本日…11月16日

ジャストサイズだったはずが、ちょっとゆるくなってるでしょ?

Dscf4512jpg_1 この後、モモちゃんちに行き、おばさんに退院の報告をしてきました♪

モモちゃん垣根越しに、飛んできてくれるのが見えましたが

いざ門が開くと、いつものように隠れてましたcatface

おばさんにいっぱい褒められて、嬉しかったね♪亜生ちん…Dscf4513jpg_1

おっちゃんが帰ってきてからいつもの病院へ

退院の報告と絆創膏の交換をお願いしに行きました

体重は10.45キロ

先生も『大変な手術だったけど、執刀医としてはやりがいがあったと言ってましたよ』って

手術裏話を…bleah

やっぱり3時間ほどの手術はめったにないそうで

癒着を起こしていたため、相当丁寧に

胆のうを切除したという報告を受けていたそうです

スタッフのお姉さんたちも元気な亜生の様子を見て

『よかったね亜生くん…』って喜んでくれました

亜生ちんもお姉さんに抱っこされて嬉しそうでしたよheart04

    にほんブログ村 犬ブログ パグへ ←ポチっとしてねheart04

嬉しい…退院♪

11月15日(日)

亜生が元気だったら、今日から伊豆旅行へと

出かけていたはずでした…sweat01

それでも、今日はやっぱり嬉しい日になっちゃったりして…happy01

昨日は退院して本当に大丈夫なんだろうか?って

不安な気持ちが大きくて、おっちゃんとも気持ちのズレが

多少あったように感じてましたが

手術費用を下ろしに行ったり、

亜生ちんの好物…ささ身を買いに行ったり

なんだかんだ動いているうちに

段々嬉しくなってきました

Dscf4472jpg_1 病院について、5時の診察時間に合わせ受付を済ませ、待合室で待ってました

とにかくスゴイ人の出入りがあり、驚きです…

診療だけでなく、ペットホテルや、トリミングなども

行なっているからなのか、次から次へと…

外にいたおっちゃんによると

20台ほど停められる駐車場は常に満車状態だったそうです

40分ほどして名前を呼ばれ

まずは退院にあたっての説明がありましたDscf4473jpg_1

執刀してくださった先生からの説明でも、3時間もの手術はごく稀だったそうです

それほど大変な手術を経験したのに

経過は良好で、思った以上に元気に回復してくれているようです

血液検査での数値もそれほど問題のある箇所はなく

次回の診察日、23日には退院後の血液検査と、

病理検査の結果が出ていれば説明も受けてきます

ただ、今回癒着が激しかったので、また、内臓で

同じように癒着などが起こり、腹膜炎を起こすかもしれないので

おかしいな?って思うような症状が見られたら

スグに病院に行くように…とのことです

絆創膏も、舐めたりしなければ、取れそうだったら

取ってしまっても大丈夫とか…

お散歩も行きたがったら、あくまでも、軽くですが…行っていいとのこと

ご飯は、とりあえず食べれるようならどんどん食べていいそうです

入院中にご飯を食べるのにムラがあって、手から食べてくれる時もあれば

全く食べてくれない時もあり、少し心配ですということだったので

『昔から食べるのにあまり興味がなくてムラはよくありました』と

伝えたら『(パグなのに?)そうなんですかsweat02』って…驚かれましたsweat01Dscf4474jpg_1

そして無事手続きも終わり、退院です

胆のう摘出だけの予定が、脾臓にシコリが見つかり急遽摘出することになったので

その分、費用はかかりましたが

それでも、想定内の出費で済みました…総額24万1920円sweat01

最初手術費用を尋ねた時、いつもの先生に

ざっとですが、大体20万程度になると思います…と

言われていたので、実際は30万近くになると覚悟してましたcoldsweats01

細かい金額も事前に説明があったので

入院費用とか検査代とか…計算すれば詳しく

はじき出せたはずですが、まぁそれは、病院に任せましょ♪と

ざっとだけで様子見てたので…でも想定内でよかったぁ…

《薄型テレビと亜生の健康が、入れ替わりました》Dscf4475jpg_1

傷に当たりそうだということで、急遽首輪をつけることに!

よかった…とっておいて♪

おっちゃんもニコニコshine

亜生ちんは病院の外で長い長~~い、シッコタイムを、満喫してました

すごく我慢してたって感じで…ちょっとかわいそうでしたDscf4477jpg_1

車の中では、始めの5分ほどは大興奮でシートに鼻をこすりつけてましたが

スグに大人しくなり、家に帰るんだって、分かったみたい♪Dscf4478jpg_1

30分ほどで到着~♪

門の外の段差も軽くジャンプして家の中に入ると

まずは、マッサージ…sweat01Dscf4480jpg_1 Dscf4481jpg_1

しばらくは、おっちゃんと楽しみます

私の出番はこの後からです…

ご飯の仕度をしていたら、亜生の気配がするので覗いてみると

自分のお皿の匂いをかいでます…そして、その前で座り込みdashDscf4483jpg_1

ドッグフードにささ身の茹でたのをトッピングして

よしっannoyの合図

速攻、ガッツイてました

Dscf4485jpg_1 あっという間に完食で、その後はいつも通り

おっちゃんにおやつをねだり、ささみフワリをゲットすることに成功♪

Dscf4486jpg_1 私たちのご飯もちょっと豪華なステーキとなぜか、おでんの組合せで

亜生の退院祝いを…あはは、しょぼい?

ま、亜生ちんがメインだからねheart04Dscf4488jpg_1 Dscf4494jpg_1

ご飯が済んだらおっちゃんのひざの上で寝ます…

でも起きてきて、どうやら私と交代しろ!と訴えてたようなので

私がソファに座ったら、いくらおっちゃんが呼んでも

動かなかったのに、スグにソファに上ってきましたDscf4492jpg_1

↑お腹の絆創膏の様子です

昨日はちょっと腫れてるように見えたのに、

今日はただ、ぺタッと貼ってある絆創膏に見える…

Dscf4493jpg_1 ちっとも動かず、そのうちブーブー寝息をたてて

もうすっかり以前の亜生に思えます…

そしてすっかり爆睡体勢に入ったところでおっちゃんと交代

やっと退院の報告が出来ますshine

ご心配おかけしましたが

応援をいっぱいしていただき

本当にありがとうございましたheart04

今の時点ではとても落ち着いているように

見えます

一週間後の病理検査の結果が気になりますが

先生もあの長時間の手術からすると

驚くほどの回復力なので…と表現しているとおり

私もおっちゃんも、亜生の強さに期待していますheart04

    にほんブログ村 犬ブログ パグへ ←ポチっとしてねheart04

おっちゃんの一言で…♪

11月14日(土)

確か今日は雨の予報だったけど…

お昼前から晴れてきて、何だかお散歩日和…?

おっちゃんと亜生の面会に行く予定だったので

もしかしたら、お散歩できるかも…って

おっちゃんは、とても期待していたと思います

Dscf4460jpg_1 病院に着いたら、予約診察の時間にもかかわらず

待合室には人が溢れてました

名前が呼ばれて面会できたけど、入院中のゲージの中での面会です

『今手からご飯をちょうど食べていたところなので、よかったら』と声をかけてもらいました

ドッグフードではなく、柔らかいフードにささ身を混ぜたものを

食べていた様子の亜生ちん…

私の手からも、スゴイ勢いで食べてくれてましたDscf4461jpg_1

ゲージが丁度、目の高さにあり、

元気に突進してくる亜生ちんを押さえるので精一杯…sweat01

左腕に力がはいらな~いweep

おっちゃんに押さえていてもらいましたが、

まだまだ私もリハビリがんばらなくっちゃsweat02

亜生が落ちるんじゃないかとヒヤヒヤでしたweep Dscf4463jpg_1

昨日よりも動く力が強くなってるように感じます

完璧に私たちがわかるようで、ここから連れて帰って~って

訴えてるのが…ものすごく伝わってきますDscf4464jpg_1

おっちゃんが顔を近づけると、ペロペロ顔を舐めてました

この直前までご飯食べてたので、結構な匂いが顔についたと思う…sweat01Dscf4466jpg_1

それでも何度も顔を近づけるので、いい加減亜生も飽きた様子sign02Dscf4471jpg_1

相変わらずお腹には大きな絆創膏…

そして昨日はあまり見ることが出来なかったけど

お腹の皮がダルダルになってるような気がしました

腫れてるのかもね…coldsweats02Dscf4467jpg_1

結局この日は30分ほどの面会で、ゲージの中からは出してもらえずdown

おっちゃんの野望もはかなく消えてしまったわけですが

面会を終えて待合室に戻り、さぁ帰ろうかという時に

おっちゃんの一言Dscf4468jpg_1

『亜生がいつ退院できるか、聞いてみろよ…』

『月曜日くらいじゃない?』(私)

『もう、退院できそうなくらい元気だったぞ』(おっちゃん)

それじゃぁ…と受付混雑してましたが聞いてみましたDscf4469jpg_1

先生に確認して来ますということで、しばらく待っていたら

『明日には退院できるそうです』

ギャビ~~~ンupDscf4470jpg_1

まさかの…明日、退院sign01

嬉しいんだけど、大丈夫なの?という気持ちのが強い…私

おっちゃんの一言がなかったら、まだだったかもしれないけど

とりあえず、明日の夕方5時に退院してくる予定ですsign03

おっちゃんは帰りの車の中で『亜生を散歩させたかったな』って、つぶやいてました

明日退院してきたらいつでも、好きなだけお散歩に

連れ出してやってくれていいんだよ♪

私に遠慮はいらないぜっdash

    にほんブログ村 犬ブログ パグへ ←ポチっとしてねheart04

気持ち良さそうに…待合室で♪

11月13日(金)

今朝はささ身を買って来て、茹でて持って行かなきゃ♪

って、早めに準備色々するはずが…

おっちゃんが会社に出かけていき、緊張の糸が解けたのか…

少しだけソファで寝てたのが、いかんかったbearing

30分ほどだったけど、その後時間がどんどん押して行き

新型インフルから回復したばぁちゃんとこの買い物も兼ねて

外に出たのが11時過ぎてました

我が家の食料も買いながら、結局家に戻ってきたのが1時頃

それから準備して、亜生ちんとの面会に病院に着いたのは

2時過ぎてました

Dscf4445jpg_1 なんと!今日はもう、抱っこして外へ連れて来てくれました

待合室でゆっくり触れ合うことが出来ますheart04Dscf4446jpg_1

※ブルブルだって、出来ちゃいます♪

執刀してくださった先生は、手術中で直接お話は聞けませんでしたが

看護士さんの話では『後2~3日で退院できそうだって話してましたよ』ですって~happy02Dscf4447jpg_1

昨日の状況では病院で出されたご飯を食べてなかった亜生ちん

今日は『病院のご飯もちゃんと食べたしね…』ですってsweat01

でも、せっかく持ってきたささ身とおやつとドッグフード…

預けておいたのでよかったら食べてね♪Dscf4448jpg_1

この後、床が滑りやすいのか、慎重なのと、まだ本調子ではないからでしょう…

ゆっくりとでしたが待合室をウロウロと歩き回り

同じく面会されてた、コッカースパニエルの子に元気を与えてました

ヘルニアの手術したそうで、ずっとグッタリした感じでしたが

亜生に気がつくと『ウ~』って唸り始め、

少し動いたりして、飼い主さんが

『あれ?元気になった~?』なんて…catface

良くなって、また元気に歩けるようになるといいね♪

お互いがんばりましょうねhappy01Dscf4449jpg_1

その後も私を結構無視して歩き回り、受付へ戻っていこうとしたりしてますdashDscf4450jpg_1

それでも、せっかく会いに来たんだからおいでよ…と

泣き落としをしたら、ようやく来てくれて

一緒に床に座ってお話しすることが出来ましたDscf4451jpg_1 Dscf4452jpg_1

その後もウロウロしては戻ってきて、私がマッサージをする…の繰り返しをして遊びDscf4453jpg_1 Dscf4454jpg_1

最初はガハガハ言って暑そうにしてた亜生も、次第に落ち着いてきてDscf4455jpg_1

大あくび~の後の、ちょっと変な顔…annoyDscf4456jpg_1

そして、外に出られる扉が気になるらしくDscf4457jpg_1

外に出たいアピールを何度もしてました

『亜生くん、今日はお外に出ないからね』って伝えると

そのうちに理解してくれたのかDscf4458jpg_1

ようやく落ち着いて私の足の間に座ったので、

マッサージ続けてたら気持ち良さそうにし始めDscf4459jpg_1

とうとう、寝てしまいました…sleepy

3時頃には、帰ろうかと思っていたのに、あんまり気持ち良さそうに

寝てくれているので、30分以上…結局マッサージしたままでした

スタッフの方に亜生を預けてきたのは4時少し前のことでした

明日は雨の予報だから、心配だけど

一応リード持って行こうかなぁ…

    にほんブログ村 犬ブログ パグへ ←ポチっとしてねheart04

術後の亜生…♪

11月12日(木)

夕方、昨日の手術のときの状況を聞きに

安城の病院まで行って来ましたbearing

あらかじめ少しは知識を持っていたほうがいいかな?と

思い、お昼頃、ネットで『脾臓のシコリ』を検索してみると

思いのほか厳しい状況の内容が並んでいます

シコリは腫瘤と書き、3分の2は悪性の腫瘍の場合が…とか

写真も載っていたのですが、恐ろしいほどグロテスクな大きなシコリ…

確か昨日先生が『キノコ状のシコリが2箇所』とか言ってたcrying

もう、ドキドキでsweat02闘病してた子のブログも開いたりして

あまりにも愛情深い術後の様子に涙が溢れ

泣きすぎて頭が痛くなってきた頃に、

おっちゃんが会社から帰ってきました

私の様子が変だったらしく『どうしたっ!』って何度も聞きます

ボソボソと話し始めると、またいつもの気の弱い病か…とばかりに

普段と変わらないおっちゃんに戻りましたが…think

反省ですsweat01

お昼…私はリハビリで、病院に行って張り切って左肩の

筋トレをしてきましたよ~good

でもって、5時から亜生ちんの手術の様子を聞いてきました

摘出した胆のう…、

前に破裂していた様子があったということが分かりました

例の入院した時、実は破裂してたんじゃないかとのことです

そしてその破裂した箇所をカバーするかのように

肝臓や網状の脂肪が癒着(ゆちゃく)、

胆のうを覆っていたんじゃないかとのことでした

そして傷つくと大出血の可能性のある肝臓を傷つけないように

丁寧にはがしているビデオの様子を見てきました

通常なら1時間半ほどで終る手術が長引いてしまったのも

このためだったそうです

胆のうの中の胆汁もカチカチに黒く固まっていた

ネットの写真とは違い、ゼリー状でどろどろしてました

コレも縛って摘出しやすいようにと

丁寧に少しずつ胆のうから取り出す様子を見ることが出来ました

一番気になっていた脾臓はレバ刺しのような色で

先生が口にしていたキノコ状の…シコリは

本当に小さい、なめこの足のような赤いポチっとしたものでした

元気になって退院できますか?の問いに

ハイ、もう、痛いところも取りましたので大丈夫ですよ!との答え

脾臓を摘出したので手術代が多少予定してたものより

高くなりますが(6万円ほど)、それでもネットで見たような

異様な脾臓のシコリに成長する前に見つかって

本当にラッキーだったと思えます

そして、胆のう、肝臓、脾臓と病理検査に出して

結果が分かるのは、大体抜糸と同じ時期になるだろう

とのお話でした(10日~14日後)

なんか…亜生の体の中の治ろうとするパワーの強さに

感動してしまいました

そして先生の『顔見て行かれます?』の言葉に

『ハイっheart04』って元気に、手術後の亜生ちんと対面してきました

おっちゃんはタバコを吸いに外に出ていて、連絡したけど

ビデオは見たくないってそのまま外に居たので

面会も私一人だ・け・で・・・heart02Dscf4438jpg_1

最初見た姿はお尻を向けて、寝ている姿…

先生が扉を開けてくれて、触ろうとしたら

お尻が落ちそうになっちゃって

『お尻が大きいからねぇ…』って笑われちゃいましたsweat01Dscf4439jpg_1

でも、私が手を鼻の先に持って行くと『あ…ママって分かったかな?』って先生が言ったとおり

ムズムズ動いて、座り始め、顔をこっちに向けてくれました

器の中にはドッグフードと柔らかいフードが入っていてDscf4440jpg_1

先生から『亜生ちゃんの好きなものを持って来てもらったほうがいいかなぁ』って…

いつもはささみの茹でたものを食べてることを伝えると

贅沢なもの食べてるねぇ…って笑ってた先生も

市販のおやつより、塩分なんかの心配がないのでいいと思いますよ♪とのこと

明日差し入れしてきますshineDscf4441jpg_1

お腹には絆創膏?大きなテープが貼ってありました

今度は左手に点滴されてた亜生ちん

手術終って、丸1日も経ってないのに、何だか元気そうでホッとしましたDscf4442jpg_1

亜生があんまり興奮してもいけないと思い、15分ほどで面会を終えましたが

おっちゃんも亜生の元気そうな様子を聞いて、ホッとしたようでした

会ってくればよかったのに…って言ったら

ウチでも俺なんか無視だもん

亜生は、あんたに会えれば、いいんじゃない?って

こんなところでひがみ発言sign02Dscf4443jpg_1

帰りの車の中で、ビデオを観て説明してもらったことを

伝えました

おっちゃんは『もしかしたら(いつもの)先生は、予想してたかもだよ』

胆のうが破裂してるんじゃないかと疑いがあって、

少しでも早い手術を勧めてくれたんじゃないか

そして、大変な手術になるんじゃないかと

分かっていて、より設備の整った安城の病院へと

手配してくれたんじゃないか…と

『あの先生がいなかったら、亜生は生きてないもんなぁ…』と

ボソッとつぶやいておりました

全くその意見には賛成ですconfident

病理検査でどんな結果が出ようと、

亜生の強さと、先生を信じて頑張るのみです!

    にほんブログ村 犬ブログ パグへ ←ポチっとしてねheart04

とりあえず、明日は朝…まず、ささ身を買いに行かなくちゃねheart04